三島道場 ‐ 現在

富士山に近い静岡県三島市にあった、沖ヨガ修道場の建物は老朽化のため、2010年ころに取り壊されました。それに続く調査と考察の結果、土地を三島市に寄付して公園にして頂き、その一角に記念の石を置くことが決まりました。沖先生を慕い先生の教えから学びを続けている人々の協力において、現在この企画が進行中です。

9月4日に地鎮祭が行われ、11月8日(沖先生の誕生日)に石碑の完成披露会が行われます。

三島道場 ‐ 現在」への2件のフィードバック

  1. 今から40年ちょっと前に行きました、規律が厳しかった事を思い出します、瞑想をよくやり、蝋燭の灯が眼に残ってます、今流行りの大豆ミートの擬似肉が印象に有り、朝の山中の山駆け、指導者に競り勝ちが気持ち良かった、月一の誕生会、楽しみました、ギター何か弾いたりして、色々な年代の方との交流も楽しみでした、同年代の女性と知り合い退所後、お付き合いもしました、もう一度、道場で会いたかったです。

    • コメントありがとうございました。強烈なインパクトでしたね。自分の中に生き生きと残っているものは、いろんな形の種になっていると思います。お互い、これからも頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。