News Page   OKIDO NATURAL HEALTH EDUCATION TRUST LTD                  * Charity Registration No: 326669 Company Registration No: 1837611 *


        

About Okido Yoga,  About Us Activities Course Reports & News Books Contact us

                                                                                                                                                                                                           Issue 26 Appendix 2, 30 December 2016  

                       「オランダ道場30年の歩み‐ある視点」玉木瑞枝   

                       リンク‐30周年記念行事・合宿の写真英語記事本文

                    

沖先生が遺言も遺書も残さず我々をおいて逝かれて30年、そのよく年にオランダ道場が開館しました。スタッフも構成されないま ま、突然三島道場で建物の購入が決まり、現地の沖ヨガ指導員にとっても驚きのスタートでした。結局、すでにヨーロッパで10年活動していた私が責任 者になってしまいました。心の準備もなく、望んでもいない立場でしたが、三島で受けた沖先生と沖ヨガへの感謝の気持ちは無視できず、三島道場や、 沖先 生を迎えてのヨーロッパでのサマーキャンプでの体験を真似るような感じで、試行錯誤と反省をくりかえしながら、29年間何とか続いてきました。

はじめの10年間は、10人以上で共同生活をしながらの共同体として、
週末と夏冬などの長期休暇に外からの受講生を入れて、合宿 型セミナーを繰り返しました。三島道場では健康人も病人も、年寄りも子供も、外国人も、みんないっしょに生活していました。ことばができなくてもこれが 国際交流だと、沖先生は言われました。ラーレン道場にもいろんな国の人が来ています。沖先生存命中の三島のように重い病人を受け入れることは出来ません が、心や社会的に問題を持つ人たちと個室もない協同生活をしてきましたが、やがて、次の成長のために出て行ってもらったり、自ら出て行ったりして、今はセ ミナー中だけ滞在できるセミナーハウスみたいになっています。が、 合宿というのは単に一緒に泊まるということだけでなく、この合宿状態を最大限 に活かして、本音でほかの人たちと向き合うことができているようです。今日本の沖ヨガでは、
ほとんど短期合宿しかみられませんが。
 

5年ごとを振り返ってみれば、10周年には冥想ヨガ入門と、タチヤ博士の最後の日本での講義集と、沖先生の御他界前のヨーロッパ1か月の講義集再版を英語で出しました。た くさんの参加者がありました。
15周年はちょっとずらせて、2003年にアムステルダム道場
(宿泊施設のない町道場)を開きました。20周年には当時の日本の求道実行会の役員の方々が全員来てくださいましたが、スタッフの 内輪もめ、ボランティア、受講生の激減もあり、さみしいものでした。社会に、旧い協力者に道場の魅力を訴える力がなかったのです。25周年は、日本 との打ち合わせの手違いで、お祝いの日に日本に帰国という日程になってしまったこと、古いボランティアがまだ充分戻ってきていなかったことなどでこ ころ残りでした。それでも、強化法の本の英訳とオランダ訳を出すことができました。

10年の悩み多き低調期を越え、今精神的にも道場の方針もはっきりしボランティア、受講生もゆっくり戻ってきつつあります。日本 からの受講もありま す。29年間続けてこられたのは、今は亡き、武道の望月稔先生、指圧の浦田先生、タチヤ博士はじめ、多くのボランティアのお陰です。タチヤ夫人は 改築の時レンガ運びもしてくださいました。

     out

合 宿は、ただ三島の形式を真似るのでなく、受講生の状況をみながら、毎日創造していくのです。スタッフ間で批判もしあいます。いわ ゆる、いろんなテクニックの寄せ集めではありません。色々なことをやるから、それが沖ヨガと思っている人もいますが、いろんな野菜をミックスするサラダに どんなドレッシングを作るか、又、そのドレッシングが各々の行法にどのように浸み込んでいるかの探求が沖ヨガだと思います。

失敗、反省、変化、進化と、経過を繰り返してきましたが、めから一貫して守っていることがあります。スタッフ、ボランティアは 公私混同しないこと、協同生活をしているとこれはつい起りやすい。個人的な切手代など細かいところから実行していかないと、建物も自分の都合で ということなってしまいます。そして、スタッフ、ボランティアは受講生を第一に考えること、指導員は自分の教えたいことよりも、そのとき受講 生にとって何が必要かをまず考える。自宅を失ったり仕事を失った人が道場に住みついて助けたいというケースがいくらかありましたが、これは動機が 間違っています。原点をしっかりしていないと惑わされてしまいます。道場は助けを必要としているから。 

極めて小規模で、一見プロには見えないけど、受講生がいつも最後に言います、スタッフの奉仕精神はユニークだと。愛と献身 がスタッフの柱でありたいと思います。消防法、衛生法、安全法など厳しくなり昔のように多人数で雑魚寝が出来なくなったので、経済状態も無 視できませんが、正直とまじめさをもって続けていこうと思います。

                 

連絡 Mizue Tamaki
Okido Yoga Dojo Nederland
                Kloosterweg 4-a
, 7245AJ  Laren,Holland
                                tel. +31 573 401932          tel. +31 20-6755336 (火曜日・水曜日)                     
            E-mail: okidoholland@hottmail.com        http://www.okidoyoga.nl


* England and Wales*                            Copyright © 2016